メンタル強化・幸福度UP

幸せはお金では買えない科学的な理由と幸せになるためのお金との付き合い方について

money-and-happiness

みなさん、こんにちは、心理カウンセラーJunです。

困った人

あー、もっとお金があればな~

お金があれば、あんなことやこんなこともできて幸せになれるのに・・・

こんな感じで、幸せとお金が関係していると考えている人はたくさんいます。

 

たしかに、お金がないとできることが制限されたり、欲しいもの、食べたいものを我慢したりすることが多くなってきますが、お金があればあるほど幸せになるかというとそうでもありません。

 

今回は、幸せとお金が関係ないという心理学の研究をご紹介し、幸せになるためのお金についての考え方について解説します。

それでは内容を見ていきましょう。

幸せはお金では買えない科学的な理由

幸せとお金に関する調査結果を2つご紹介します。

調査①年収7万5000ドルをこえると幸福度はほとんど上がらない

アメリカのプリンストン大学の心理学者ダニエル・カーネマンが行った幸せとお金の関係を調べた有名な調査があります。

調査内容はこうです。

2008~09年にアメリカで45万人を対象に収入や生活満足度、ストレスについての調査を実施、年収と幸福度の関係を分析したというものです。

その結果、年収が7万5000ドル(日本円でおよそ800万円)までは収入と幸福度は比例するが、それ以上の金額になると幸福度はかわらなかったと結論づけたものです。

 

年収800万円といえば、日本の平均年収を大きく上回っているので、やはり幸せになるにはお金は必要と考えるかもしれませんが、これはあくまでもアメリカでの調査結果で、アメリカの高い物価を考えると日本での年収はもう少し少なくなることが予想されます。

 

どちらにしても、お金で買える幸せには限度があるということです。

 

調査②富豪と自給自足で暮らす人との幸福度の違い

幸福を追求する学問であるポジティブ心理学の創始者のマーティン・セリグマンと幸福研究の権威エド・ディーナーが2004年におこなった調査で、富豪と自給自足で暮らす人との幸福度の違いを比べたというものがあります。

調査結果は下記です。

対象は、経済誌フォーブスで最も裕福なアメリカ人に選ばれた3000人と自給自足で暮らす宗教集団のアーミッシュ、それからイヌイットです。
全員に「私は自分の人生に満足しているか?」という質問を行い、7段階で回答してもらいました。

その結果、どちらも5.8点で同じという結果がでました。

 

平均年収を大幅に上回るグループと大幅に下回るグループの幸福度の比較結果といえますが、結果は、経済的な豊かさは全く違っても幸福度はかわらないということがわかったといえます。

 

 

これら上記の調査結果から、幸福になりたいと考える人にとって、必要なのはお金だけではないということがわかります。

では、幸せになるには何が必要なのでしょうか?

幸せという形が人それぞれあるので、コレ!ということはできませんが、まずは「幸せについて自分はどう考えるか」を考えてみてはいかがでしょうか?

幸せを考えるきっかけとしてこちらの記事をご参考ください。

s004
永遠に幸せになるたった1つの秘訣

続きを見る

 

今回は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

それでは~

-メンタル強化・幸福度UP

© 2021 「人生疲れた」ときに読むBlog